糖質制限ダイエット効果を検証

肌のトラブルは糖質制限ダイエットか睡眠不足のせいなのか

寝る時間が不足すると皮ふにはどのような悪影響をもたらすのかお分かりですか?その代表格が皮ふのターンオーバー(新陳代謝)が遅延すること。健康なら28日単位である肌の入れ替わるスピードが遅れがちになります。

歪みが生じると、臓器同士が押し合うので、それ以外の内臓も引っ張り合うので、位置の移動、変形、血液に組織液、ホルモン分泌等にも良くない影響を与えます。

大体は慢性化してしまうが、正しい手当のおかげで患部が抑制された状態にあれば、自然に治ってしまうことが予期できる病気なのである。

スカルプは顔のお肌とつながっていて、おでこも頭皮と一緒のものだと捉えることはあまり知られていない事実です。年齢を重ねるにつれてスカルプがたるみ始めると、その下にあるフェイスラインのたるみの誘因となります。

汗をたくさんかいて身体の中の水分量が少なくなってしまうと自然に尿の量が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が備蓄され、この余った水分が残ったままだと実は浮腫みの原因になります。


アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応とつながっているものの中で特にお肌の持続的な炎症(痒みなど)が現れるものでありこれも過敏症の仲間である。

太陽からの紫外線によって作られたシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、シミができてしまわないように防護したり、肌の奥に隠れているシミの種を防ぐことの方が大切って知っていますか。

美容外科というのは、正統な外科学の一種で、医療を目的としている形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものだ。また、整形外科と間違われがちだがこれはまったく分野が違っている。

硬直したままでは血行も滞ります。挙句、下まぶた等顔中の筋肉の力が低下します。顔の筋繊維も適度にストレッチをしてあげて、時折緊張を解してあげることが大事になります。

細胞が分裂する速度を促して、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の仕事などの活動している時間帯はほとんど分泌されなくて、夜、食事を済ませてゆっくり体を休めリラックスしている状態で分泌され始めます。


現代社会で生活していく我らには、体の中には人体に良くない影響を及ぼす化学物質が蓄えられ、さらに自らの体の中でも老化を促進する活性酸素などが次々と作られていると言われている。

よく女性誌や美容本には、小顔になる、肌が美しくなる、痩身効果があるし、デトックス効果が期待できる、免疫力の増進など、リンパ液を流しさえすればすべて解決する!という華やかな謳い文句が載っている。

押し返してくる肌の弾力感。これを作っているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネの役割を担うコラーゲンが確実に皮ふを持ち上げていれば、弛みとは無関係です。

肌のハリの源であるコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線を浴びてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を頻繁に受けたり、心身のストレスが澱のように溜まったりすることで、損なわれ、最終的には生成することが困難になっていくのです。

押すと戻るお肌のハリ。これを生んでいるのは、コスメでおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。スプリングの役目をするコラーゲンがきちんと皮ふを支えていれば、肌はたるみとは無縁というわけです。